おすすめサイト

2013.05.07

ハフィントン・ポストについてコメントしてる人が多いので僕もサクッと感想を書いてみる

Huf

「『団塊ジュニアを中心に意見発信してもらうこと』を目指しています。(略)現在の日本の人口ピラミッドで層は厚いにも関わらず、その声があまり聞こえてこない、もしくは、きちんと伝えられていないのではないか(略)。この世代が10年後、社会的な責務が最も重くなる年齢に達したときに、果たしてどれだけよりよい社会を実現することができるのか。今からその10年先を見据えた意見発信の場、議論形成の空間として、ハフィントンポスト日本版が存在感を示すことができれば(略)。そのために、今回のローンチスタッフは団塊ジュニアの世代が中心になっています」

http://www.huffingtonpost.jp/shigeki-matsuura/post_4719_b_3206755.html

この辺はいいと思う。「育休3年って誰のため?」という記事がトップになってるのも狙っている線と合ってると思う。

でもどこか「ちょっと違うかもなぁ」という感じがする。とりあえず、アリアナ・ハフィントンがどんな人かは割とどうでもいいし、トップに「THE HUFFINGTON POST」と英語で書かれてもしっくりこないし、というところか。本気で名前は「はふぽ!」とかでいいんじゃないかな。

あと、いまトップに並んでる書き手の顔が新しくない。なぜか政治家が多いし、そのなかでも「まだ見たくない」民主党の政治家の顔が並んでるし、自民党も新しい感じがしない。田原総一朗さんはきらいじゃないけど、これもまた新しさを感じない。団塊ジュニアぽいのは津田さんとホリエモン(と吉野ゆりえさんという方)くらいか。ニコニコっぽいな。

早く「借り物」感が無くなって独自の色がでてくるといいですね。期待してます。

※追記
藤代さんが書いてるのも似たようなことだと思うけど、厳しいタイトルで釣るのは藤代さんらしいところ。あと、いきなりオーマイニュースと並べられて「失敗する」といわれるのは中の人が萎えるんじゃないか。そこはたぶん分かってる人がいると思うので、がんばってほしい。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujisiro/20130507-00024775

2007.01.18

にやにや通勤

P1010920
ときどき、ニフティの「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」をiPodで聞きながら通勤しています。電車の中で聞いている時などは、ときどき思わずニヤニヤしてしまいます。何をニヤニヤしているのかと周りの人に怪しまれてはいけないと笑いを抑えているんだけれども、それでも抑え切れなくてニヤッと笑ってしまうことがときどきあります(笑)。

このニフティのコンテンツでは、二つ目の落語家さんたちの色々な演目が毎週ひとつずつ配信されています。もともと落語に興味はあったし「笑点」を見るのも好きなんだけれども、わざわざテレビで落語を見ようという気にはあまりならなかったんです。けれどもこうして無料でダウンロードして好きな時に聞けることが分かって聞き始めて、一気に好きになりました。こうやてiPodで落語を聞くようになってかれこれ一年ちょっと。次は本当の寄席に行ってみたいと思っています。