« 地下鉄サリン事件と1995年 | トップページ | 多重国籍や複属の話 »

2016.06.30

6月30日とオープンガバメント

Img_0652

「Twitterと政治を考えるワークショップ」を開催したのが2009年、7年前の6月30日でした。そして、(たぶん国内で初の)「オープンデータ活用ハッカソン」を開催したのも2012年、4年前の6月30日でした。







7年前のTwitterワークショップを開催した時、米国ではオバマ政権が誕生し、すでに様々なオープンガバメント施策を始めていました。日本はTwitter自体がまだ流行り始めたころで、当時はまだ、ネットで実名で政治を語ることにかなり抵抗がありました。Twitterを使う国会議員は2人だけという状態。ネットがサブカルにしか使われずメインストリームで使われないことを指摘して、梅田望夫さんが「日本のウェブは残念」と言っていました。







それから7年の間に、政権交代が2度あり、政治家や行政機関のソーシャルメディア利用が進み、それどころかネット選挙運動も、18歳選挙権も実現しました。2011年の震災以降はオープンデータも進み、政府機関のウェブサイトのコンテンツ全てが(!)原則オープンデータになりました。「政治や行政はなかなか変わらない」と僕もよく口にしてしまいますが、これはそれなりに急速で大きな変化だったと思います。しかもこの変化を、ときに自分も少し関わったりもしながら間近で見てこられたのは、僕の人生にとっても大きなことでした。





ただ、現在のTwitter上の政治的なコミュニケーションは、社会的な分断や荒廃ももたらしているように見えます。オープンデータについても、すでに公開していたものをオープンライセンス化しただけのものが多く、価値あるデータを使いたくなる規模や使いやすい形式で、新たに提供し始めた事例は少ないです。つまり、急速で大きな進展はあったけれども、思い描いていた状態にはなっていない、ということを改めて感じます。





◯関連するもの




庄司昌彦(2007)「政策形成・選挙と、情報技術を使いこなす人々」『情報通信ジャーナル』






庄司昌彦(2007)「政策形成・選挙と、情報技術を使いこなす人々(2)」『情報通信ジャーナル』








庄司昌彦(2010)「「Twitter政治」は民主主義を増進するか」『智場』




庄司昌彦(2012)「ソーシャルメディアを活用する小集団の活動と社会変革」『智場』








« 地下鉄サリン事件と1995年 | トップページ | 多重国籍や複属の話 »

「地域・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/63857133

この記事へのトラックバック一覧です: 6月30日とオープンガバメント:

« 地下鉄サリン事件と1995年 | トップページ | 多重国籍や複属の話 »