« 政治資金収支報告書はスキャン画像ではなく数値データとして公開を | トップページ | LODチャレンジアイデア部門優秀賞、とったどー »

2015.02.10

情報公開請求制度の利用実態から「価値あるデータ」を探る

Logo_innovation_nippon

GoogleGLOCOMで進めているInnovation Nipponプロジェクトとしてまとめた調査レポートをご紹介します。ちょっと面白い結果が出ました。

私たちは、「情報公開請求制度の利用実態を探る中から、(オープンデータ化することで)経済的な利用価値を持つデータを特定できるのではないか」という仮説をもってテキスト分析、アンケート、ヒアリングの三つの調査を行いました。

その結果、営利企業からの請求が多くオープンデータ化すると広く利用されそうなデータとして、

 1.工事関連の「金入り設計書」
 2.飲食店や理美容、医療などの「事業所一覧・台帳」

が有力な候補であるということが明らかになりました。ちょっとマニアックな内容ではありますが、ご覧いただけると嬉しいです。

そして、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

--------------------------------
<研究会メンバー>
庄司昌彦(国際大学 GLOCOM)
本田正美(東京大学情報学環) 
青木佑一(早稲田大学マニフェスト研究所) 
渡辺智暁(国際大学 GLOCOM) 


<アドバイザー> 
奥村裕一(東京大学公共政策大学院)
長谷川孝(横浜市政策局)
川島宏一(株式会社公共イノベーション)


<調査補助>
加藤遼(慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程)
笹川裕加(東京大学公共政策大学院修士課程) 
--------------------------------


http://innovation-nippon.jp/reports/2014StudyReport_ODFOIA.pdf

« 政治資金収支報告書はスキャン画像ではなく数値データとして公開を | トップページ | LODチャレンジアイデア部門優秀賞、とったどー »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/61115820

この記事へのトラックバック一覧です: 情報公開請求制度の利用実態から「価値あるデータ」を探る:

« 政治資金収支報告書はスキャン画像ではなく数値データとして公開を | トップページ | LODチャレンジアイデア部門優秀賞、とったどー »