« 「シャツをはだけて国民の関心を引こうとする政治家を見つけたら、即刻パンツも引きずり下ろす必要がある」 | トップページ | 学習院大学「メディア政策論」授業資料 »

2014.01.21

僕達の責任

境治「世代交代がないと、進化できない。」(ハフィントン・ポスト)という記事を読んだ。

「日本が変わりかけたけど変わらなかった。その責任を、さっきこってり批判的なことを書いた老人ひとりのせいにはできないだろう。そうだ。日本社会が変われなかったのは、ぼくたちひとりひとりが変われなかったからだ。昭和にしがみついたのは他ならぬぼくたちなのだろう。」

あと23年経つと僕は60歳になる。その時、日本の人口は目に見えて減少し、高齢者ばかりで今よりももっと社会の運営が難しい状況になっていると思う。政府が財政破綻をしてるかもしれないし、そのせいで災害からの復興がうまくできず苦しんでいるかもしれない。外国人労働力に頼ったはいいけれど社会対立が激化し不安な社会になっているかもしれない。

そんなひどい状態になった時に、若者たちから「こうなることが薄々分かっていたのにどうして避けられなかったのか」と責められる、つまりその責任を負うのは僕たちの世代だ。僕だ。どうして頭の硬い上の世代を押しのけてでも真剣に少子化対策に取り組まなかったのか、どうして本質的な構造改革を避けて昭和の価値観のままでいたのか…と問われるだろう。

そこで居直って「俺たちの時代はまだ世界3位の経済大国だった」とか「日本文化が世界から注目されていた」とか言ったりしつつ逃げ切りを図ろうとするのだろうか。嫌だ嫌だ。

だから、都知事選候補が高齢者ばかりで良くないね、とか、なかなか日本の大企業の体質は変えられないね、などと言いながら高齢世代を批判する「だけ」のポジションに落ち着いてしまう30-40代の態度は、無責任なのではないか、と思ったりする。

僕はときどき、シニア世代の「偉い人」の放言に噛みついたり、彼らに楯突くような意見をしたりすることがある。それはこの元記事の筆者みたいな考え方を持っているからだと言える。そういうことに改めて気づいた。

※写真はロダン作「地獄の門」

« 「シャツをはだけて国民の関心を引こうとする政治家を見つけたら、即刻パンツも引きずり下ろす必要がある」 | トップページ | 学習院大学「メディア政策論」授業資料 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/58983528

この記事へのトラックバック一覧です: 僕達の責任:

« 「シャツをはだけて国民の関心を引こうとする政治家を見つけたら、即刻パンツも引きずり下ろす必要がある」 | トップページ | 学習院大学「メディア政策論」授業資料 »