« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年4月

2012.04.27

グッドデザインな手作り線香花火

385583_10150846302106823_714591822_

地域の方々とデザイナー等が協力して商品開発を進めている「九州ちくご元気計画」(筑後地域雇用創造協議会)から、先日、商品ができました、と品物や資料などが送られてきた。(ありがとうございます。)

このプロジェクトには昨年10月に久留米にうかがった際に出会った。地域の資源がプロのデザインと出会うとこんなに魅力的になるのか、ととても感銘を受けた。2011年度のグッドデザイン・日本商工会議所会頭賞も受賞している。

送っていただいた物の中で特に嬉しかったのが、この写真の高級線香花火。筒井時正玩具花火製造所の製品だ。宮崎の火薬と八女の手漉き和紙を使い、草木染めで染色し、職人が一本ずつ縒り上げているという。

ちなみに左側の「蕾」が8本入りで1050円。特別な花火だ。いつどんな時にやろうか。


※追記
もうひとつ楽しみなのが、同梱されていたドキュメンタリー映画「筑後ちくごChikugo 完結編」のDVD。前バージョンでは、このプロジェクトに参加している皆さんの楽しそうな様子や苦労などがおおらかなタッチで描かれていた。完結編ではどんな様子が描かれているのか、早く観てみたい。

2012.04.18

「東京の東側」が政令指定都市になったら

025

「東京の東側」をもっと魅力的な場所にできないかなどと以前から考えている。
魅力的なだけではない。誇りを持てる場所にしたいと思っている。

今日ふと、この地域で政令指定都市になってはどうかと思い、少し調べてみた。政令指定都市には、市民生活に関わりの深い社会福祉、保健衛生、都市計画などの事務や知事の許認可などの権限が都道府県から移管される。簡単に表現すれば、都道府県なみの権限と財源を持つということだ。

そして人口について調べてみると、隅田川から東の5つの区を足すと250万人になる、ということがわかった。これ大阪市(267万人)と名古屋市(226万人)の間に位置する規模だ。

墨田区(24万人)
江東区(46万人)
江戸川区(68万人)
葛飾区(44万人)
足立区(68万人)

この人口規模で、大阪市は24区、名古屋市は16区に分かれている。この地域も20区くらいに分けると、現在よりもはるかにきめ細かい行政ができて良いのではないだろうか。

また、人口50万人を超えていれば政令指定都市になれるので(地方自治法第252条の19第1項)、江戸川区と足立区は単独でもなることができる規模なのだが、日本有数の規模の強力な自治体として、大阪市や名古屋市のように日本をリードするなんてことも志してはどうかと思い、あえて250万人都市を妄想してみた。

でもよく考えるとこの市の政治経済の中心がないので、説得力が弱い気もする。考えられるとしたら、地理的には端っこだが、北千住から押上・業平橋(スカイツリー)あたりの地域が中心になるだろうか。

それから、新しい市の名前についても考えてみた。
「東東京市」というのは、東京のおまけのようだし「東京都東東京市」って「東」が3回も出てきてしまうのでイマイチ。そこで歴史を紐解くと、この地域は歴史的には、武蔵の国・葛飾郡の一部であったことにちなんで「葛飾市」はどうかと思った。ただし葛飾郡は埼玉県や千葉県も含むかなり広い地名なので、葛飾郡の南部を意味する「南葛飾市」あるいは「南葛市」というのもよさそうだ。「南葛」は、世界で読まれているマンガ「キャプ翼」にも登場する地名だ。ファンにはグッと来るかもしれない。

葛飾郡(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E9%A3%BE%E9%83%A1

(20120419追記)
少し背景を説明しておこうと思う。
僕は葛飾区で生まれて、埼玉県三郷市、北葛飾郡松伏町、江戸川区、江東区に住んできた。ぜんぶこの旧葛飾郡エリアだ。だからこの真っ平らな東東京地域に思い入れがあるんだと思う。

それから世界的な都市間競争という視点からは、広域東京圏が日本の将来にとって極めて重要だとも思っている。

そういう背景を持ってこの地域を考えてみたときに、巨大で遠くに感じる東京都政(とその下の現行の区政)でずっとやっていくのではなく、そこからあえてこの地域が離れて、より細かい区割りによる行政と積極的な施策で東京をリードし刺激する存在となるのもいいのではないか、と思ったのだった。

Facebookでも色んな方とやりとりさせていただいて面白かったので、もう少し妄想を膨らませてみようと思う。