« Ensemble, c'est tout(一緒にいること、それがすべて) | トップページ | IT戦略本部が動き出した »

2012.02.27

フューチャーセンターや対話型のイベントについて

Fcc
昨日は「日欧のフューチャーセンターは世界を変えるか?」(GLOCOM主催です)に参加。約百名が参加しすごい熱気だった。野村さんが先導する「日本にFCを1000個作ろう」というこの運動の意義を僕は支持したい、と改めて思った。

フューチャーセンターという言葉が流行りつつある中、色んな批判めいたものも聞こえる。けれども、これは進めた方がいいと思う。多様性と個を重視したメンバーで、探索的な課題について、未来志向で自由な議論をし次の行動を引き出そう、という取組みに、多くの人が動き出すことは基本的に良いことだと思うからだ。フューチャーセンターという名前が嫌なら別の名前でもいいだろう。具体的な方法もいろいろあるだろう。とにかく、地域社会でも企業内でも「このようなこと」をすることは、日本を「オープン社会」に変えていくために必要だ。

参考:庄司昌彦「オープンガバメントの国内外最新事例」『行政&情報システム』
※オープン社会については、この原稿に少し書いた。

ところで、5月のフューチャーセンターウィークにゲスト参加した時には、地域の人のつながりについて専門的に話す時間がなく、「つながる」の中身を深められずに終わってしまったったのが不満で、対話型でやると議論が深まらない、と思ったものだった。

でもその後、対話型のイベントに何度も参加し、主催する側に関わるようになってみると、違うことを考えるようになった。今まで、1時間講師が話し1時間質疑応答をするというような単純形式の勉強会をよくやってきたけど、工夫が足りなかったと強く思う。形式を工夫し、対話や色んな仕掛けを用意した方が、参加者の盛り上がりや満足度が圧倒的に大きい。自分の手を動かし言葉にするから、理解や内面化が進むんだろう。そして、何らかの動機付けとなったり、具体的な次の行動が起きたりもしている。こうして、僕の考え方は変わってきている。

※対話型でやると講師が深い話をできない、という問題は、僕の中では解決していない。だが、聞き手に消化されないんだったら話してもあまり意味はないわけで、講師の自己満足だ。つまり当初の僕の不満は、聞き手のことを考えない供給側視点だったのかもしれない。

« Ensemble, c'est tout(一緒にいること、それがすべて) | トップページ | IT戦略本部が動き出した »

「地域・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/54086322

この記事へのトラックバック一覧です: フューチャーセンターや対話型のイベントについて:

« Ensemble, c'est tout(一緒にいること、それがすべて) | トップページ | IT戦略本部が動き出した »