« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009.08.02

中国出張 (北京+)上海編

中国出張から帰ってきました。
おいしいものを食べすぎたせいかお腹を壊してしまい最後は大変でしたが、体調も戻りました。

北京での日程は最後が週末になったので明の十三陵と万里の長城へいきました。また上海では上海環球金融中心(上海ヒルズ)にも上りました。もちろん月曜日からはインタビューの仕事も順調にこなすことができました。

この出張では何度もtaobaoが話題になりました。このtaobaoに関するやりとりを反芻してみると、ウェブ上のサービスが「信頼」をいかに担保するのかが中国のインターネットサービスでは大きな関心事であるということが分かってきます。人口が多く流動的であり発展途上の中国社会は、商取引の契約や製品の原材料表示など、社会に対する「一般的な信頼」が低いため、相手の真正性を確認し、取引を確実に成立させるためにITを活用しようという意識が強いようです。これはとても興味深い、掘り下げ甲斐のあるテーマです。

以下、北京の週末と上海滞在中の写真をいくつか。
北京同様、ちゃんと仕事はしましたよ(笑)。

Min
明の十三陵に向かう神道。さまざまな動物や家臣の石像が800メートルにもわたって並んでいる。

Chojo
万里の長城は、夏休みということで満員電車並みの混雑。中国人観光ガイドと口論になったり、たくさん割り込まれたりぶつかったりで大変な目に遭いました。

Shanghai
上海環球金融中心(上海ヒルズ)最上階にある、世界で最も高い場所にある展望台からの眺め。

Cha
お土産を買いに行ったお茶屋さんで使われていた手の形をしたユニークな小物。

Sfp
上海ソフトウェアパークのビル。ここでOuku.com(欧酷网)というECサイトを展開している黄社長にお会いしました。米国で学びGoogleを経て中国で企業したという経験をお持ちの方で、米国と中国のIT企業ではビジネス慣習や経営者の考え方ががどう違うのかという話が非常に面白かったです。