« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009.06.29

Twitterと政治を考えるワークショップ


「Twitterと政治を考えるワークショップ」というイベントを開催します。明日ということで大変急な話なのですが、ご都合の付く方はぜひおいでくださいませ。

-----------------------------------------------------
<「Twitterと政治を考えるワークショップ」のご案内>

米国オバマ政権は現在、「ITによる透明性の向上を通じた政策過程の変革」に集中的に取り組んでおり、twitterの活用はその中心的な話題のひとつとして位置付けられています。マスメディアを通さず直接的に、随時、国民に一次情報を提供していくことにより、政府の透明性を高め、国民に理解やアイディアを求めたり行動を促した
りする政府への転換が起こっているといえます。
一方、日本では、このようなソーシャルウェア(Twitter、ブログ、SNS等)が社会に与える影響は過小評価される傾向があります。

しかし日本でも政治状況が大きく動く可能性がある中、ソーシャルウェア活用への関心は高まっており、一部の先進的な議員や政党支部等が積極的な活用に乗り出しているところです。国内の政治状況が流動的になる前のこの時期にぜひ議論をしておきたいと考え、緊急開催とはなりますが本件を企画しました。皆様のご参加をお待ちしております。

-------------------------------------------------
■テーマ:Twitterと政治を考えるワークショップ

■日時:2009年6月30日(火) 19.00~21.00
■会場:国際大学グローバル・コミュニケーション・ センター
(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図:http://www.glocom.ac.jp/access

■参加費:無料

■司会:
庄司昌彦(国際大学GLOCOM 講師/主任研究員) http://twitter.com/mshouji
1976年東京都生まれ。情報社会学、政策過程論、電子政府・自治体、地域情報化、
ネットコミュニティなどの分野で調査研究に従事。

■モデレータ:
山崎富美(フリーの旅人、リサーチャー) http://twitter.com/fumi
NTT、インタースコープを経てデジタルガレージへ。テクノラティジャパンの立ち上げ・運営などの事業インキュベーション、クリエイティブコモンズなどの活動に携わる。2009年1月に独立。

津田大介(ジャーナリスト) http:// twitter.com/tsuda
1973年東京都生まれ。コンテンツビジネス周辺や著作権、IT・ネットサービスやネットカルチャーをフィールドに新聞、雑誌など多数の媒体に原稿を執筆している。

■ゲスト:
橋本岳(衆議院議員) http://twitter.com/ga9_h
1974年生まれ。岡山高校、慶應義塾大学、同大学院政策・メディア研究科を経て、
1998年三菱総合研究所入社。IT政策関連の調査、IPv6普及活動に携わる。2005年9月
の第44回衆議院総選挙で、比例中国ブロックより当選。

その他、著名ブロガー等、調整中。

■概要:
ユーザがそのとき感じた事を140文字以内で投稿するミニブログサービス「Twitter」は2008年から徐々に人気を博し始め、2009年に入り爆発的なユーザの伸びを見せています。流行の震源地である米国ではオバマ大統領(当時は大統領選挙候補者)をはじめ、オプラ・ウィンフリー、シャキール・オニール、ブリトニー・スピアーズなどの
有名人、スポーツ選手が利用しているほか、CNN、New York Timesなど、メディアの速報サービスとして、またDellのように電子商取引へのゲートウェイとしての利用も始まっています。

一方、政治家がTwitterを活用する事例も米国や英国では盛んで、わが国でも徐々にTwitterを始める議員が出てきている状況です。そして、最近はイランにおける選挙結果への抗議運動にTwitterが使われているというニュースもあり、インターネットを介して連鎖しあう人々の「つぶやき」は政治的にも大きな意味を持ちうる事を示し
ています。

今回のワークショップでは、Twitterが政治の世界にもたらす可能性とその影響について、実際にTwitterを使っている橋本議員も迎えて議論していきます。


■参加申し込み
下記のサイト(下部)からお申込みください。
 http://www.glocom.ac.jp/2009/06/twitter.html

2009.06.22

九州創発塾

8月7日・8日に佐賀で開催される「九州創発塾」というイベントに講師として参加することが決まりました。学会でもないし地域情報化系イベントともちょっと違う雰囲気なので、どんなことになるのか楽しみにしています。

まず、7日は茂木健一郎氏が司会のパネルディスカッションに出てお話しをします。全体的なテーマが「ソフトパワーで繋ぐ新しい九州~地域の技術・ブランドを武器に~」というものなので、そういう話題になるでしょう。いい機会なので一般論ではなく「九州のソフトパワー」についてネタを仕込んでいこうと考えています。

そして8日は分科会 「共有・共感・協働~ネットがはぐくむ地域力」で講師を務めます。7日の話題を引き継ぎながら、ネットと地域について幅広いお話ができるように準備していくつもりです。また、他の分科会がみんな「実地見学会」という楽しそうな企画をしているので、こちらも負けずに何か仕掛けを考えたいと思っています。

九州方面の方はぜひぜひご参加ください。


 ■九州創発塾  http://www.sohatsu.jp/

2009.06.20

ソーシャルウェアに対する日米の扱いの違いに驚いた

出張から無事に帰ってきました。

これからその成果をまとめる作業を進めなければいけないのですが、その前に、今回の出張について何人かの方に速報的に送ったメールを転載しておきます。

----------
今回の出張で収穫はたくさんあったのですが、オバマ政権のIT政策全般について色々な方からお話をうかがっていて、当初の印象と全く違ったことがあります。それは、オバマ政権がブロードバンド、医療、環境といった個別分野と同等かそれ以上に「ITによる透明性の向上を通じた政策過程の変革」に本気で取り組んでいるということです。

オバマ政権になってVivek Kundraが連邦政府のCIOに任命されましたが、彼が中心となってまず着手した電子政府政策というのは、data.govというサイトを通じた政府保有データの包括的提供や、twitter、Facebook、 Youtube等を使って記者発表よりも早く国民に向けて直接一次情報を提供していくことです。これは政府の透明性を高め、国民に理解やアイディアを求めたり行動を促したりする政府へと連邦政府を転換させるのだという政権の姿勢を反映しています。

メルマガや動画などによる情報発信は日本の行政でも行われていますが、話題作りや試験的な取組み、あるいは広報手段として行われているという位置付けが否めません。しかしオバマ政権では、従来の政策過程を変えるための手段としてソーシャルウェア活用が位置付けられている、といえます。

それから既存のマスメディア業界も、ソーシャルウェアを日本より格段に大きく扱っています。テレビ番組や雑誌はtwitterやFacebook、Youtubeなどを連日取り上げていますし、番組作りなどに活用しています。イランの抗議デモが始まってからはさらにソーシャルウェアの影響力が頻繁に論じられています。日本で私は、マスメディアの方にSNSという言葉の意味から説明するよう求められて、「インターネット上に設けられた会員制の井戸端会議のような場所です」なんて言ったりしているレベルなののに、あちらではもちろんそんなものはすっ飛ばして、スマートモブズの意義とかをニュース番組の中で専門家(ラインゴールド氏)が解説したりしているわけです。ずいぶんと雰囲気が違います。

というように、私は米国でのソーシャルウェアの扱いが、「Web2.0は儲からない」し「SNS等の社会的な影響力も限定的である」、というような日本の閉塞したものとはだいぶ違うことにとても驚きました。そして、電子政府の分野でいずれアメリカが「破壊的イノベーション」を達成し、日本は遅ればせながらそれに追随することになるのではないか、などと予感しました。
----------

2009.06.17

米国出張 San Francisco編

Citizenspace
ニューヨークのNew Work Cityで紹介してもらったCitizen Spaceに来ています。ここでもCo-workingについてお話をうかがう予定。しかしアポイントをお願いしたHillaryさんが遅れているので無線LANを借りて時間を潰しています。

※追記
Cablecar2
サンフランシスコといえばケーブルカー。日曜日は仕事がなかったので、サンフランシスコ観光の足として使いました。

Cablecar
ケーブルカーで急な坂を下っていくところ。気もちがいい!

Clam
フィッシャーマンズワーフでクラムチャウダー(ベタですね)。パンとセットで食べると独特の酸味があります。

米国出張 New York編

まだ米国にいます。サンフランシスコでの日程が後半に入り、帰国まであと3日となりました。おかげさまで相変わらず元気です。今日は先週後半を過ごしたNewYorkでの写真を何枚か。

Nwc

New Work CityというCo-Workingのためのスペースの写真。フリーランス・個人事業主のプログラマーなどがオフィスをシェアしている。単なる貸オフィスではなく、ソーシャルウェアを駆使してコラボレーションをしたり、様々なイベントを開催したりしている。

Grandcentral
グランドセントラル駅。大きな米国旗と空色の天井のコントラストがきれいだった。

Groundzero
グラウンド・ゼロ。まだ建物は立っていなかった。記念施設には、最終入場に数分遅れて入れず。周囲を歩いて消防士の追悼レリーフなどを見て帰ってきた。

Mc
マクドナルドで食べたハンバーガー。ダイエットコークの入れ物は大きく、ハンバーガーは小さかった。でも日本で食べるものよりも肉がおいしかった気がする。

2009.06.15

米国出張 Washington D.C.編

米国出張に来ています。8日に日本を発ち、ワシントンDC→ニューヨーク→サンフランシスコと移動して19日に戻るという長旅でして、いまはサンフランシスコに滞在しています。今回の出張では体調を整えることにかなり注意を払っているおかげで、とても調子がよく、そのせいか内容的にも充実しています。

で、今日はワシントンDCでの写真を何枚か。

Dupont

デュポンサークル。滞在したホテルはHilton Washingtonというところで、このデュポンサークルからは少し離れるんだけど、今回のヒアリング先訪問や朝のジョギングなどで何回も通った場所。緑がきれいで、昼間はベンチにたくさんの人が腰かけている。いつも同じところにチェスをしている人たちがいる。

Brookings

ブルッキングス研究所。副所長のダレル・ウェスト氏にオバマ政権のIT政策やWeb2.0技術を使った政策過程の変革などについてお話をうかがった。個人的には、ブロードバンド、医療、環境などの各テーマにおけるIT政策よりも、政策過程へのIT利活用の話が興味深かったと思う。インターネットを使って国民の声や知恵を集めるということについて、僕は自分の研究テーマとしていながら半ばあきらめのようなものを持っていた。だが、米国政府が(試験的にというレベルではなく)本気で取り組んでいるということをうかがい、認識を改めなければいけないと感じた。(詳細はこれからまとめます)

※いま気づいたんだが、ダレル・ウェスト氏はクローズアップ現代で国谷さんのインタビューを受けていたらしい。
http://www.j-cast.com/tv/2009/01/23034103.html

Tabernadelalabardero

出張していると、食事をしながらヒアリングをする、という機会もたまにはあって、今回はTaberna del Alabarderoというスペイン料理店でランチをした。ここはスペインの首相なども訪れるという名店で、たしかにタパスやパエリアがとてもおいしかった。写真はデザートのソルベ。


そうそう。出張中のため休講にさせてもらったJJ大学の「情報リテラシー1a」の受講者のみなさんへ。いちはやく課題を提出してくれた皆さんの作品が内容的にもデザイン的にも素晴らしくて感動しています。ありがとう。