« サービスの終了のしかた | トップページ | 米国出張 Washington D.C.編 »

2009.05.13

新聞にコメントが掲載されましたが、なんか色々おかしいという話

読売新聞福島版に「SNSで会津に人の輪」という、地域SNS会津Siconについての記事が掲載されました。私のコメントも掲載されています。会津Siconは先日、朝日新聞にも掲載されていましたから、知名度が上がってきましたね。応援している地域SNSが評価されるのは喜ばしいです。

SNSで会津に人の輪 勉強会、郷土料理店など成果 (読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20090512-OYT8T01346.htm

しかし、自分のコメントの部分を見てびっくりしました。確か、突然電話がかかってきて話した内容だったと思うのですが、そんなこと言ったかなぁ、というのが正直な感想です。


 地域SNSの研究を行っている国際大学グローバルコミュニケーションセンター(東京都港区)の庄司昌彦研究員によると、全国に地域SNSは500程度あるが、ネットだけでなく、実際に会員同士が会って人の輪を広げている例は珍しいといい、「会津特有の地域性が成功の原因ではないか」とする。

>全国に地域SNSは500程度あるが、

調査に基づいて、私が把握しているのは404(あるいは「約400」)と言ったはずなんだけどなぁ。念のため「ただし数え切れていないものもあるので、たとえば500個とか、もっとたくさんあると思います。」というコメントをしたと思うので、そちらが採用されてしまったようです。

>ネットだけでなく、実際に会員同士が会って人の輪を広げている例は珍しいといい、

珍しくないです。これは言ってないんじゃないかなぁ。地域SNSには「オフライン志向がある」というのは当初からの私の持論ですし、メーリングリストでも掲示板でもmixiでも「オフ会」は行われてきたわけで、何がどう解釈されてこうなったのかわかりません。

>「会津特有の地域性が成功の原因ではないか」とする。

これも、記者さんの解釈が大いに入ってるんじゃないかなぁ。会津には会津大学というIT専門の大学があったり、会津若松市役所のユニークな取り組みとか、会津にはいろいろな取り組みがあって興味深い土地である、という話はしたかもしれません。ですが、こう書かれると、会津だけが独特で成功要因を持っているように読めます。私はそんなことは思っていません(というか、そこまで会津を知らない)。

こういうときって、どうすればいいんでしょうか。

いままでもこちらの意図と少し違うニュアンスでコメントが掲載されたことはありましたが、そういう時は、自分の話が下手だったんだろうという反省をしつつ特に何もアクションを起こしてきませんでした。しかし今回はその「ずれ」が大きいので困惑しています。まずは自分の考えを公表しておくべきだろうと思い、こうしてブログに書いてみました。


※※5月14日追記※※
読売新聞にメールしたところ、担当の記者の方から電話をいただきました。取材時のメモと私の認識を突き合わせて確認し、こちらの思う通りに伝わっていなかったということを確認することができました。したがって、あの記事の私のコメントは誤りであるということをここに明記します。なお、記事は数日でウェブ上から消えてしまうそうです(もったいない!)。

« サービスの終了のしかた | トップページ | 米国出張 Washington D.C.編 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

最近の新聞やマスコミの情報伝達の劣化を考えると、blogで書くだけでなくて、きちんと新聞のデスク宛に申し込みをするのも、ショージさんみたいな研究者の「仕事」の一つではないか、と思います。

アドバイスありがとうございます。そうですねぇ、問い合わせてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/44999063

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞にコメントが掲載されましたが、なんか色々おかしいという話:

« サービスの終了のしかた | トップページ | 米国出張 Washington D.C.編 »