« 大声Twitter(笑) | トップページ | ICPC(情報通信政策研究会議)を開催します »

2009.04.18

SNSへの関心の推移

日本のひとびとの「SNS」というものへの関心はどのように推移しているのか、ということが気になって、GoogleTrendsで検索してみました。

結果は図のようになりました。
Googlesns


検索数は、2004年からGREEやmixiの成長とともにぐんぐん伸び、2006年のmixi上場(とその後のいくつかのトラブル?)の頃にピークを迎えました。その後はほぼ横ばいです。

面白いのはニュースの参照数で、こちらは2006年中盤からゆるやかに上場し、現在がピークです。2008年の後半に増えたのはオバマ=Facebook効果でしょうか。ニュースの参照数の方はこれからまだ伸びるかもしれません。

また、下図は「SNS」と「Twitter」の比較です。Twitterは登場とともに一気に上昇し、いったん落ち着いた後、2009年に入ってから再び急上昇しています。たしかに最近はよくTwitterが話題になっていると感じます。
Googletwitter

ただし、「SNS」と「Twitter」の比較というのは、サービスの種類の名称と特定のサービスの名称の比較になってしまっているので、少しおかしいかもしれませんね。

« 大声Twitter(笑) | トップページ | ICPC(情報通信政策研究会議)を開催します »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/44706955

この記事へのトラックバック一覧です: SNSへの関心の推移:

« 大声Twitter(笑) | トップページ | ICPC(情報通信政策研究会議)を開催します »