« SNSの日記以外の機能 | トップページ | 「本人識別ID」とプライバシー--官民はどう連携するべきか »

2009.03.22

地域SNS研究会な日

 金曜日、うちの職場に地域SNS研究会の方が二人もおいでくださいました。

まず、朝一番に来てくださったのが、かみなかさん@紀伊民報(みかん)。全国フォーラムでは「地域でお金をまわすには」の分科会でお話しいただいた内容の「その後」の動きなど、いろんな話を伺いました。「みかん」では、地域SNSのコミュニティの書き込みが地域情報サイトや新聞サイト、外部のお店のサイトなどといろんな形で連動しています。地域の情報基盤になるという意味で、紀伊民報さんは地域SNSの将来形を現実化しつつあるといえます。

そして午後イチに来てくださったのが、ゆうじんさん@知創空間(全国フォーラムに協賛してくださった富士通ソフトウェアテクノロジーズ)。厚木市のマイタウンクラブの近況や、知創空間の特徴、地域SNSとナレッジマネジメントなどについて、すごく刺激的な議論をさせていただきました。蓄積したデータを有効活用するSNS、世界中から情報を集めて知るるのではなく自分の内面を知るようなウェブへの期待、なんてことを私はぺらぺらとお話ししたんですが、お役に立てたのかどうかはよくわかりません。(すみません)

そんな訳で、一日に地域SNS研究会のお客様が2件もあるという珍しい日でした。新しい情報をいただいたり、考えさせていただいたりして、いい日でした。

« SNSの日記以外の機能 | トップページ | 「本人識別ID」とプライバシー--官民はどう連携するべきか »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/44430209

この記事へのトラックバック一覧です: 地域SNS研究会な日:

« SNSの日記以外の機能 | トップページ | 「本人識別ID」とプライバシー--官民はどう連携するべきか »