« 地域SNS研究会な日 | トップページ | 「森の恵みクリエイター」の養成in長野大学 »

2009.03.26

「本人識別ID」とプライバシー--官民はどう連携するべきか

2月に行ったシンポジウムについて執筆したレポートが日経BPのウェブに掲載されました。

「本人識別ID」とプライバシー--官民はどう連携するべきか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090324/327081/?ST=govtech

 2009年2月16日に都内で開催されたNEC C&C財団シンポジウムにおいて、「地域の安心・安全のための情報化のあり方」と題するパネルディスカッションが行われた。本人識別IDや住民データベースの国内外の動向に詳しい専門家5人が活発な議論を交わした(庄司昌彦=国際大学GLOCOM主任研究員/講師)。

« 地域SNS研究会な日 | トップページ | 「森の恵みクリエイター」の養成in長野大学 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/44472651

この記事へのトラックバック一覧です: 「本人識別ID」とプライバシー--官民はどう連携するべきか:

« 地域SNS研究会な日 | トップページ | 「森の恵みクリエイター」の養成in長野大学 »