« コンテンツ規制と議員立法のプロセス | トップページ | NIKINIKI »

2008.06.03

『都市問題研究』に論文が掲載されました

都市問題研究会が発行している『都市問題研究』の5月号(特集:都市における地域コミュニティ)に論文が掲載されました。

庄司昌彦、「地域コミュニティ活性化のためのICT活用」、『都市問題研究』第60巻第5号(通巻689号)、都市問題研究会。
http://www.city.osaka.jp/keieikikakushitsu/toshimondai/index.html

ちなみに他の原稿は次のとおり。
どれもけっこう面白そうです。

限界コミュニティと日本型「補完性原理」 (下関市立大学経済学部教授)池田 清

自治体再構築とコミュニティ再生 -市民主権型自治体を目指して-
(ローカル・ガバナンス研究所所長)木原 勝彬

地域コミュニティの活性度と安全・安心
(同志社大学社会学部教授)立木 茂雄

地域コミュニティの多様な現実
首都大学東京人文科学研究科教授)玉野 和志

景観づくりはまちづくりから
(近畿大学理工学部社会環境工学科教授)久 隆浩

歓楽街の現状とまちづくり
(有限会社エイライン代表取締役)横山 あおい

ようこそ「大道芸ワールドカップ in 静岡」へ
(静岡市経済局商工部イベント推進課主幹)清 和好

« コンテンツ規制と議員立法のプロセス | トップページ | NIKINIKI »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/41407599

この記事へのトラックバック一覧です: 『都市問題研究』に論文が掲載されました:

« コンテンツ規制と議員立法のプロセス | トップページ | NIKINIKI »