« 最近の仕事 | トップページ | コンテンツ規制と議員立法のプロセス »

2008.05.20

「人のつながり 理論,社会,インターネット」

宣伝モードです。
このたび、GLOCOMの機関誌『智場 111号』を発行しました。
111_hyoshi

今号の特集テーマは「人のつながり 理論,社会,インターネット」です。年度末の忙しい中でしたが、今回は私の関心に近いテーマの話題が多く、原稿執筆、インタビューなどなどがんばりました。

GLOCOMの研究会などで配布したり、都内の大きな書店で売ったり、アマゾンで売ったりしています。
http://www.amazon.co.jp/%E6%99%BA%E5%A0%B4-111-%E7%A7%8B%E5%B1%B1-%E9%80%B2/dp/4904305000

-----------
「人のつながり」の関係への関心が高まっています。国内で1,300万人以上のユーザーを抱えるmixiや1億人以上の利用者を抱える MySpace、 FacebookなどのSNS(Social Networking Service)だけでなく、GoogleがSNSと様々なサービスをつなぐ標準規格「OpenSocial」を提唱するなど、次世代のビジネスプラットフォームとしてネット上の「人のつながり」を活用しようという動きが盛んになっています。また、社会・政策の文脈でも「人のつながり」が話題に上ることが増えています。

 本特集では、理論、社会、インターネットという観点から「人のつながり」についてあらためて考えました。インターネットを介することで「人のつながり」にはどのような影響や効果が現れるのか。また社会や組織、人間関係のとらえ方について、理論的な研究ではどのような新しい知見がもたらされているのか。ビジネスや地域社会との関係も視野に入れながら、「人のつながり」のとらえ方について論じています。

智場111号


目次

■特集:人のつながり──理論,社会,インターネット

* インターネットと「人のつながり」のとらえ方 庄司昌彦

▽理論
* ネットワークの理論──「つながり」の最前線
対談増田直紀┼井庭 崇 司会:庄司昌彦
* 日本社会における「つながり」の特質と変容
インタビュー池上英子 聞き手:庄司昌彦┼井上明人

▽社会
* 企業間ネットワークから考える日本版シリコンバレー 湯川 抗
* 地域のつながりを取り戻す──地域情報化は新しいステージへ 飯盛義徳
* 第2回地域SNS全国フォーラム・レポート 庄司昌彦

▽インターネット
* [企業インタビュー]
  GREE グリー株式会社 OpenPNE 株式会社手嶋屋
* 匿名レベルの設計に向けて 折田明子
* CGMサービスにおけるユーザーたちの振る舞い 井上明人


■IECPレポート

* 繋がる世界──来るべきユビキタス・ネットワーキングの時代
(講演:ケニス・ニール・クッキエ)
*成果主義は日本企業をいかに変えたか
(講演:渕野康一)
* 変わる会社と個人──組織と個人の新しい関係
(講演:秋山 進)
* 破壊的トレンド
(講演:渡辺弘美)
* アメリカの周波数オークション
(講演:トーマス・W・ヘイズレット)
-----------

« 最近の仕事 | トップページ | コンテンツ規制と議員立法のプロセス »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/41265355

この記事へのトラックバック一覧です: 「人のつながり 理論,社会,インターネット」:

« 最近の仕事 | トップページ | コンテンツ規制と議員立法のプロセス »