« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.20

「人のつながり 理論,社会,インターネット」

宣伝モードです。
このたび、GLOCOMの機関誌『智場 111号』を発行しました。
111_hyoshi

今号の特集テーマは「人のつながり 理論,社会,インターネット」です。年度末の忙しい中でしたが、今回は私の関心に近いテーマの話題が多く、原稿執筆、インタビューなどなどがんばりました。

GLOCOMの研究会などで配布したり、都内の大きな書店で売ったり、アマゾンで売ったりしています。
http://www.amazon.co.jp/%E6%99%BA%E5%A0%B4-111-%E7%A7%8B%E5%B1%B1-%E9%80%B2/dp/4904305000

-----------
「人のつながり」の関係への関心が高まっています。国内で1,300万人以上のユーザーを抱えるmixiや1億人以上の利用者を抱える MySpace、 FacebookなどのSNS(Social Networking Service)だけでなく、GoogleがSNSと様々なサービスをつなぐ標準規格「OpenSocial」を提唱するなど、次世代のビジネスプラットフォームとしてネット上の「人のつながり」を活用しようという動きが盛んになっています。また、社会・政策の文脈でも「人のつながり」が話題に上ることが増えています。

 本特集では、理論、社会、インターネットという観点から「人のつながり」についてあらためて考えました。インターネットを介することで「人のつながり」にはどのような影響や効果が現れるのか。また社会や組織、人間関係のとらえ方について、理論的な研究ではどのような新しい知見がもたらされているのか。ビジネスや地域社会との関係も視野に入れながら、「人のつながり」のとらえ方について論じています。

智場111号


目次

■特集:人のつながり──理論,社会,インターネット

* インターネットと「人のつながり」のとらえ方 庄司昌彦

▽理論
* ネットワークの理論──「つながり」の最前線
対談増田直紀┼井庭 崇 司会:庄司昌彦
* 日本社会における「つながり」の特質と変容
インタビュー池上英子 聞き手:庄司昌彦┼井上明人

▽社会
* 企業間ネットワークから考える日本版シリコンバレー 湯川 抗
* 地域のつながりを取り戻す──地域情報化は新しいステージへ 飯盛義徳
* 第2回地域SNS全国フォーラム・レポート 庄司昌彦

▽インターネット
* [企業インタビュー]
  GREE グリー株式会社 OpenPNE 株式会社手嶋屋
* 匿名レベルの設計に向けて 折田明子
* CGMサービスにおけるユーザーたちの振る舞い 井上明人


■IECPレポート

* 繋がる世界──来るべきユビキタス・ネットワーキングの時代
(講演:ケニス・ニール・クッキエ)
*成果主義は日本企業をいかに変えたか
(講演:渕野康一)
* 変わる会社と個人──組織と個人の新しい関係
(講演:秋山 進)
* 破壊的トレンド
(講演:渡辺弘美)
* アメリカの周波数オークション
(講演:トーマス・W・ヘイズレット)
-----------

2008.05.07

最近の仕事

最近は、こんな仕事をしています。

■論文

「地域SNSサイトの実態把握、地域活性化の可能性」、情報通信政策研究プログラム研究成果論文、2008年3月。
http://www.officepolaris.co.jp/icp/2007paper/2007014.pdf


■執筆記事・原稿
「ネットコミュニティが地域を紡ぐ--地域SNSは何ができるか?(特集:地域ネットワーキングの現在→近未来)」、『月刊 ガバナンス』08年5月号、ぎょうせい。
http://www.gyosei.co.jp/home/magazine/gover/gover_08050.html

「地域情報化セミナー 最新の地域情報化と地方における情報産業企業の必要性(1)」、『荘内日報』、5月2日、荘内日報社。
http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/dci/seminar0803.html


■連載 「「人をつなぐ」地域SNS~各地の地域SNS活用術」(『月刊 広報』)
http://www.koho.or.jp/publication/

「第1回 地域SNSに何ができるか(連載:「人をつなぐ」地域SNS~各地の地域SNS活用術))」、『月刊 広報』08年1月号、(財)日本広報協会。

「第2回 続々と立ち上がる地域SNSと、そこに集う人々(連載:「人をつなぐ」地域SNS~各地の地域SNS活用術))」、『月刊 広報』08年2月号、(財)日本広報協会。

「第3回 西千葉「あみっぴぃ」 ―豊かな「オフライン」を補完する「オンライン」(連載:「人をつなぐ」地域SNS~各地の地域SNS活用術))」、『月刊 広報』08年3月号、(財)日本広報協会。

「第4回 佐賀県「ひびの」 ―メディア志向の地域SNS(連載:「人をつなぐ」地域SNS~各地の地域SNS活用術))」、『月刊 広報』08年3月号、(財)日本広報協会。

■講演・パネルディスカッション等
「全国の地域SNS状況 地域で人をつなぐことの重要性」、『松阪市 地域情報化フォーラム』、2008年2月2日(土)、松阪市産業振興センター。
http://www.sns-matsusaka.jp/modules/news/news_view.phtml?id=11727

第2回 地域SNS全国フォーラムin横浜 実行委員長
http://plat.yokohama150.jp/902sns/
http://plat.yokohama150.jp/forum/

「最新の地域情報化と地方における情報産業企業の必要性」、『地域情報化セミナー「地方に求められる情報産業企業」』、2008年3月28日(金)、東北公益文科大学大学院ホール(鶴岡タウンキャンパス)。
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/0/ad_vw.cgi

「地域を元気にするWeb2.0時代の市民メディアとは?」、『横浜市民メディア連絡会シンポジウム』、2008年4月12日(土)、横浜市市民活動支援センター。
http://www.hamakei.com/headline/3136/


■その他
調査報告書(中央省庁1件、地方自治体2件)を執筆しました。

■今後の予定
5月には国際大学GLOCOM『智場』と、『都市問題研究』に論文が掲載される予定です。また、地域SNSの研究で科学研究費(若手B)をいただくことになりました。科研費の研究も5月から本格化させます。

2008.05.06

色とりどり写真日記

ゴールデンウィークの写真日記です。
いろんな「色」を見ました。

館林にある、野鳥の森フラワーガーデンの芝桜
Shibazakura

館林のつつじが丘公園のつつじ
Tsutsuji

飯山の菜の花公園から見た千曲川と新緑の山々
Nanohana1

菜の花と青空とこいのぼり
Nanohana
























雪が残る白根山の湯釜
Shirane