« 『持参金』と『里帰り』 | トップページ | 地域活性化のために「人」をつなげ »

2007.12.25

シャブ浜

落語ネタをもうひとつ。
年末に演じられることが多い「芝浜」という人情話がある。

--------
芝浜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9D%E6%B5%9C
酒ばかり飲んでいる男が芝浜で大金の入っている財布を拾う。しかし拾ったはずの財布がなくなる。妻の言葉によって「財布を拾ったこと」は夢であったと諦める。男は改心して、懸命に働き、立ち直り、独立して自分の店を構えるまでに出世する。後に妻から事の真相を知らされるという筋。実は妻が財布を隠していたのだ。 夫婦の愛情を暖かく描き、古典落語の中でも屈指の人情噺として知られる。
--------

古今亭志ん生
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/2007/09/post_6457.html

これは、とってもいい話だ。↑の古今亭志ん生の語り口もじんわり暖かくていい。お勧めです。

ただ、この「芝浜」には立川談笑がアレンジした「シャブ浜」というのがあって、こっちも最高にいい。面白くて泣ける。初めて聞いたとき、古典をここまで壊すかというくらい壊していることに驚きつつ、最後には本当に涙を流してしまいました。お勧めです!!!!

http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/2007/08/post_a7eb.html

夏目房之介さんも絶賛
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2007/11/post_3b4b.html

--------
http://danshou.at.infoseek.co.jp/entertain/texts/rakugo/shabuhama.html

元暴走族「横須賀爆走愚連隊じいざす」メンバーの白井ケンイチは、トレーラーの運転手。
覚せい剤に溺れている彼は、このところ欠勤がちで収入は滞り勝ちだった。

ある朝、見かねた妻カズエ(元ヤン・妊娠中)に促されてようやく出勤したが、時間を間違えていたため営業所はまだ開いていなかった。
しかたなく、いつもの公園にトレーラーを停めて時間をつぶすケンイチ。
海辺のこの公園は、集会や日の出暴走の帰りに決まってカズエと朝まで過ごした場所なのだ。
あの頃と変わらない早朝の潮風と鮮やかな日の出を味わいながら、感慨の一服。
そのとき、植え込みに置かれたスーツケースを発見する。
幼女の遺体かと思いきや、中を開けると札束がぎっしり詰まっていた。

仕事そっちのけで家に取って返し、妻と数えてみると札束は4000万円あった。
「宅配ピザとれ、宅配ピザ!あと、ジュンとヨシクンとカツシとヨーコ呼べよ。あとBJも。で、コンビニ行って酒買ってこいや。帰りに吉岡さんとこ行って10パケ譲ってもらってこい。アン?手前ェが行くんだろ、このタコ!」
遊び仲間が集まって酒と覚せい剤。デリヘルも呼んでの乱痴気騒ぎで夜が更ける。
--------------
(ここから後はネタばれがもったいないので省略)

« 『持参金』と『里帰り』 | トップページ | 地域活性化のために「人」をつなげ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/17473515

この記事へのトラックバック一覧です: シャブ浜:

« 『持参金』と『里帰り』 | トップページ | 地域活性化のために「人」をつなげ »