« 『智場110号』発刊 | トップページ | 増殖する米国の地方自治体 »

2007.11.25

ぶつかるか、回避するか

情報通信政策研究会議(ICPC)に来ている。

今回はプログラム委員としてセッションを担当しただけではなく、ロジ担当としても準備作業がいろいろ大変だった。けれども、今回も議論の中身が大変さを忘れてしまうくらいに面白い。

ICPCは「発言者を特定する議事録は残さない」というルールを持っているので、誰が何を言ったかは明らかにできないけれども、プログラムのタイトルだけを紹介しても、テーマの面白さと深刻さが伝わると思う。

--------
1.通信・放送は融合しない
2.ユーザーの声が反映されていないインターネット政策
3.日本のICT産業に明日はない?
--------

大胆に解釈すると、どの問題も、いよいよ政策を転換して本格的に「情報化」すべきときなのに、これまでの通信放送産業やコンテンツ産業や情報産業を作ってきた企業や業界の構造が、改革を阻害してしまっているということだ。この問題はビジネスや政治的な構造と結びついてしまっているので、いらいろな古い既得権を持っている人たちがいる。そしてそういう人達は、変化に対してできる限り抵抗しようとする(特に経営層などは少なくとも定年退職するまでの数年間は現状維持をしようとしている)。どうせ5年10年後は変化を受け入れなくてはいけないのだけれども。

政策分野にもかかわる研究者として、そういう不合理な抵抗の「壁」にぶつかっていきたい、と思う。しかしそれよりも、国内に見切りをつけて続々と米国に脱出していく優秀プログラマー達のように、壁を回避して修行の旅に出て、国外でも通用する実力を付けたい、とも思う。そんなふうに、自分の将来についても考えたりした。


※ちなみに、次回のICPCは6月頃に都内で開催する予定です。情報通信政策に関心のある、若手研究者の参加をお待ちしています。

« 『智場110号』発刊 | トップページ | 増殖する米国の地方自治体 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/17181701

この記事へのトラックバック一覧です: ぶつかるか、回避するか:

« 『智場110号』発刊 | トップページ | 増殖する米国の地方自治体 »