« 「参加」 | トップページ | これ以上の花火体験は無いんじゃないか »

2007.07.06

地域SNSについて180分話す

昨日、目白大学の人間社会学部地域社会学科というところの授業にゲストでお招きいただきまして、地域SNSについて90分講義をしてきました。来週、もう1コマやりますので、地域SNSについて180分(90分×2コマ)お話しすることになります。

講演などでお話しするのはせいぜい長くても60分ですから、90分もこのテーマで話すというのは初めてで若干不安でした。しかし、やってみると意外に話すことはあるもので、昨日の段階では全く問題ありませんでした。

昨日の内容は

 -情報社会学について
 -SNSについて
 -地域情報化について
 -地域SNSの事例紹介
    ドコイコパーク
    表参道コムニット
    あみっぴぃ

で、自治体が運営する地域SNSについてや、地域SNSの分類、分析、将来展望などはまだほとんど話していません。まだまだ話すことはあります。

授業が終わって、学生たちから感想を書いたシートをいただきました。帰り道の電車の中でこれを見てみると、ほとんどの学生がびっしりと感想を書いてくれていまして、大いに関心を持ってくれたことが分かり、ちょっと感動しました。

-------------

それから明後日、横浜で行われる下記のイベントでお話しします。
ご関心のある方はぜひおいでください。

****************************************************************************
                公開トークセッション
         『SNSは地域活性化の役に立つのか? PART-2』
   ~テスト運営中の横浜の地域SNS『ハマっち!』の今後の展開を考える~
                【入場無料】 
       7月8日(日) 15時~18時 横浜市中区「ZAIM」にて開催
  詳細は----->> http://sns.yokohama150.jp/community.php?bbs_id=80
**********************************************************************ver.2*

 「ハマっち!」登録メンバーの皆さま

 「ハマっち!」の試験運営にご協力いただきありがとうございます。

 市民のイベントの現場づくりを応援する「イベント創造プラットホーム運営委員会」は7月8日(日)、『横浜のコミュニティデザインと地域SNSの活用』をテーマに公開トークセッションを行います。

 全国各地で急増している地域SNSの取り組みや、地域情報化の現状・課題や認識を共有し、現在、2009年の横浜開港150周年の関連事業として進みつつある横浜の地域SNS「ハマっち!」の構築運営実験実証事業(3月下旬より試験運営中)の今後の展開について「ハマっち!」運営チームとゲストスピーカーによる意見交換を行います。

 来場者の、今後の地域活性化や地域情報化の活動に役に立つ情報の交換と人的交流ができる場づくりを目指します。皆さまのご参加をお待ちしています。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆実施内容

▽タイトル:公開トークセッション
       『SNSは地域活性化の役に立つのか? PART-2』
▽日時:2007年7月8日(日) 15:00~18:00 (14:45 受付開始)
▽場所:「ZAIM」別館2階202号室(横浜市中区日本大通34、関内駅・日本大通駅5分) 
     http://za-im.jp/php/modules/info/rewrite/tc_7.html
▽料金:無料(参考資料、麦茶付)

◎トークセッション参加者
 和崎宏氏(わさきひろし)    ※ハマっち!運営チームメンバー
  SNS「ひょこむ」主宰者
http://hyocom.jp/
  株式会社インフォミーム 代表取締役
http://www.memenet.jp/

 庄司昌彦氏(しょうじまさひこ) ※ハマっち!運営チームメンバー
  国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究員
http://www.glocom.ac.jp/j/
  地域SNS研究会 事務局
http://www.glocom.ac.jp/project/chiiki-sns/

 原聡一郎氏(はらそういちろう)
  横浜市民メディア連絡会 事務局長
http://www.y-cmc.com/
  NPO法人横浜シティアートプロモーション 代表理事
http://www.ycan.jp/archives/2006/12/ycap.html
  横浜市市民活動支援センター運営委員
http://www.npo-c-city-yokohama.jp/

 宮島真希子氏(みやじままきこ) ※ハマっち!運営チームメンバー
  神奈川新聞 デジタルメディア局
http://www.kanaloco.jp/
  mediajam.LLC
http://www.kanaloco.jp/

 渡辺保史氏(わたなべやすし)
  智財創造ラボ シニアフェロー
http://www.kanshin.jp/chizai/

 
 ゲスト(交渉中:他地域のSNS運営者、横浜市内のSNS運営者)


◎進行
 杉浦裕樹氏(すぎうらひろき)  ※ハマっち!運営チームメンバー
  NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 常務理事
  ヨコハマ経済新聞 編集長
  イベント創造プラットホーム運営委員会 委員

◆セッションの内容
1) 地域SNSの最新レポート (庄司昌彦氏)
 「10分でわかる地域SNS最前線」

2) 事例報告-1(杉浦裕樹)
 「横浜 地域SNS『ハマっち!』の試験運営で見えてきたこと」
  ・横浜で進行中の「横浜地域SNS構築運用実験事業」の現状と展望

3) 事例報告-2(和崎宏氏)
 「兵庫県 地域SNS『ひょこむ』の運営で見えてきたこと」
  ・信頼と連携の「コミュニティ活動支援型地域SNS」サイト運営の取組みから

4)事例報告-3(ゲスト:調整中)
 「地域SNSの立ちあげについて(仮)」

5) 意見交換1:「横浜の地域SNSが目指すところ」
  ・市民の創造力を発揮するイベントのプロジェクトマネージメントツールとして
  ・市民活動/生涯学習活動の支援ツールとして
  ・行政からの情報を効率的に伝えるメディアとして
  ・災害時の情報提供メディアとして

6) 意見交換2:「『ハマっち!』を活用したコミュニティの活性化について」
  ・SNS「ハマっち!」の のれん貸し機能を活用したSNSの設置について
  ・「ハマっち!」の地図情報を活用した展開について
  ・SNSサイト運営と連動する地域のリアルアクションについて

7)「地域SNS全国フォーラム」のお知らせ
  ・8月31日(金)に神戸市中央区の兵庫県公館で開催予定のフォーラムについて
http://sns.yokohama150.jp/community.php?bbs_id=83

【参考】
▽イベント創造プラットホーム パンフレット
http://sns.yokohama150.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=1765&bbs_id=80&res=11835
18583
▽ 横浜地域SNS構築運用実験事業(イベント創造プラットホーム運営委員会)
http://www.kaikou150.jp/sns.html
▽ 公開トークセッション『地域活性化にSNSは役に立つのか?』(2006年9月10日開催)
http://yokohamalab.jp/archives/2006/09/910sns_1.html

※ セッション終了後に、交流会を予定しています(参加自由・飲食実費)
※ 出演者プロフィール、関連情報、参加申込は↓
http://sns.yokohama150.jp/community.php?bbs_id=80

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆主催:イベント創造プラットホーム運営委員会
「ハマっち!」運営チーム http://www.kaikou150.jp
    問い合わせ:イベント創造プラットホーム運営委員会事務局
       電話:045-662-8231 メール:info@kaikou150.jp
◆協力:ZAIM

« 「参加」 | トップページ | これ以上の花火体験は無いんじゃないか »

「地域・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/15668851

この記事へのトラックバック一覧です: 地域SNSについて180分話す:

« 「参加」 | トップページ | これ以上の花火体験は無いんじゃないか »