« 地域メディア研究会 | トップページ | すごい偶然! »

2007.03.06

エドワーズ・フォー・アメリカ?

アメリカ大統領選挙に向けての動きが、少しずつ報道されるようになってきている。前回04年の大統領選挙は、ハワード・ディーンが民主党の予備選挙でブログやSNSなどICTを駆使して旋風を起こした。アメリカ大統領選挙に向けた候補のキャンペーンは、今後のICTの行方を考える上で、参考になる。

ディーンについて詳しくは
公文俊平『情報社会学序説―ラストモダンの時代を生きる』の「1.1. ディーン・フォー・アメリカ」を参照。

で、とりあえず民主党の有力候補のウェブサイトを見てみた。

ヒラリー・クリントン
http://www.hillaryclinton.com/

バラク・オバマ
http://www.barackobama.com/

ジョン・エドワーズ
http://johnedwards.com/

YouTube、flicker、del.ici.ous、Facebookというところが多く使われているようだ。partybuilderというのも気になる。meetupみたいなものかな。

いろんなソーシャルサイトを使いまくっているという意味ではエドワーズがすごい。必死だな。これでうまくいくようだったらすごいけど、どうなるか。
http://johnedwards.com/action/networking/

« 地域メディア研究会 | トップページ | すごい偶然! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/14157632

この記事へのトラックバック一覧です: エドワーズ・フォー・アメリカ?:

» ヒラリー候補、一夜で3億円=ハリウッド争奪戦で巻き返し−米TV [とんみんくん]
選挙って金かかるんですねー。3億ですって、それも一夜にして、ま、宝くじみたいな物です。一緒にしちゃだめですよね。 [続きを読む]

« 地域メディア研究会 | トップページ | すごい偶然! »