« 最近、2ちゃんねるを見る機会が増えた | トップページ | へー、この人にはこんな面もあるのか »

2007.01.29

「ネット経済新聞はこうして生まれた-広がる地域密着型メディア-」

今日は私が企画・司会進行をする研究会の宣伝です。

国際大学GLOCOMでは、2月1日に「ネット経済新聞はこうして生まれた -広がる地域密着型メディア-」と題するセミナーを開催します。「シブヤ経済新聞」「ヨコハマ経済新聞」「六本木経済新聞」など「ネット経済新聞」にご関心のある方はぜひぜひおいでください。

----------------------------------------
<国際大学GLOCOM IECPセミナーのご案内> 

全国各地の繁華街の動きをニュースにまとめたニュースサイト「ネット経済新聞」の創刊が相次いでおり、現在16エリアで開設されています。Webサイトだけでなくラジオ番組との連携やポータルサイトへの配信などの取り組みも始まっており、各地の流行を一覧できるだけにとどまらず、地域経済活性化への影響も見られます。
 今回は「ネット経済新聞」の草分けの「シブヤ経済新聞」、
「ヨコハマ経済新聞」の両編集長をお招きして「ネット新聞」の現状と今後などについてお話を伺います。

 参加ご希望の方は、下記申し込みフォームにて事前お申し込みをお願いいたします。

講演の最後に講師との名刺交換をかねました懇親会もございます。皆様のご参加をお待ちしております。

--------------------------------------------------------------
国際大学グローバル コミュニケーション センター
IECP事務局 担当・秋山桂子/大磯千枝子
〒106-0032
東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2F
TEL:03-5411-6676 FAX:03-5412-7111
Email: info_iecp@glocom.ac.jp

■IECPセミナーの最新情報は下記IECPウエブサイトをご覧下さい。
http://www.glocom.ac.jp/IECP/
-------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■2007年2月1日IECPセミナー■■■■■■■■■■

■テーマ:「ネット経済新聞はこうして生まれた 
-広がる地域密着型メディア-」

■講師:西 樹氏(シブヤ経済新聞 編集長)
    杉浦 裕樹氏(ヨコハマ経済新聞 編集長)

■司会:庄司 昌彦(国際大学GLOCOM研究員)

■日時:2007年2月1日(木)午後2時~午後5時

■参加費:
5,000円(学生は2,000円)を当日お支払い下さい。

■場所:国際大学グローバル コミュニケーション センター
(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図:http://www.glocom.ac.jp/j/access

■ 概要:
2000年春、広域渋谷圏のみを対象とするニュースサイト「シブヤ経済新聞」が立ち上がる。消費者の視点に立ち、シブヤの街の変化を淡々と捉え続けながら、街ネタ・ニュースサイトの姿を探ってきた。2004年、シブヤでの体験共有を元に「ヨコハマ経済新聞」が始動、その後、各地で地場のパートナーと巡り会いながら、現在では全国16エリアから地域ニュースを発信している。セミナーでは、その経緯を改めて振り返るとともに、地域情報サイトのあり方について考えてみたい。


■講師プロフィール
□西 樹(にし・たてき)

1960年(昭和35年)8月19日生まれ、兵庫県出身。
青山学院大学経済学部卒業。卒業後、大手PR会社を経て、
1988年(昭和63年)花形商品研究所を設立。2000年(平成12年)4月、広域渋谷圏の動向を伝えるニューサイト「シブヤ経済新聞」を開設。
パートナー企業と共に「ヨコハマ経済新聞」「六本木経済新聞」「天神経済新聞」などを各地で運営。デパ地下の情報サイト「デパチカドットコム」も同社の運営。

(著書)
「シブヤ系スタイル徹底研究」(東急エージェンシー・刊)
(執筆)
・「シブヤ定点観測」(「販促会議」=宣伝会議) 2005年5月~ 毎月
・「繊研教室」(「繊研新聞」=繊研新聞社) 2005年~ 年4回 ほか

(講演)
・青山学院大学「感性ビジネス講座」 2004年~ 年1回

(その他)
 経済産業省「ネットKADE大賞」審査員(2005年、2006年)
 http://www.meti.go.jp/policy/netkaden/judge/index.html

「シブヤ経済新聞」について

「広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュース」をコンセプトに2000年4月開設したニュースコンテンツ。現在、「ミクシィニュース」「ライブドアニュース」Duogate(KDDIとエキサイトの提携による運営)」などのポータルへもニュースを配信。シブヤ経済新聞でのノウハウを元に2004 年、「ヨコハマ経済新聞」を開設。その後、各地の企業やNPO法人とのパートナーシップによるネットワーク化を推進中。


□杉浦 裕樹(すぎうら・ひろき)

ヨコハマ経済新聞 編集長, NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 常務理事。
1963年生まれ。学習院大学理学部化学科卒。卒業後、舞台・イベント等の現場づくりをする会社を設立し、舞台監督や展示会・SP等のイベントの企画制作を多数経験。2002年より横浜で、地域経済活性化・まちづくり・地域情報化に取り組む
「NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ」の活動を始め、2004年に「ヨコハマ経済新聞」を立ちあげた。

参考URL:
ヨコハマ経済新聞
http://www.hamakei.com
横浜コミュニティデザイン・ラボ
http://yokohamalab.jp


以下の返信用フォーム部分をメールで info_iecp@glocom.ac.jp までお送りいただくか、プリントアウトして 03-5412-7111 までお送りください。

==================申し込みフォーム<ここから>===================
IECPセミナー:「ネット経済新聞はこうして生まれた 
-広がる地域密着型メディア- 」

開催日:2007年2月1日(木)

[ご所属(貴社名・学校名)]
[所属部署]
[役職]
[ご受講者]
[E-mail]
[TEL]
[FAX]
[郵便番号]
[所在地]
[ビル名]


【庄司】
=========返信用フォーム<ここまで>=====

« 最近、2ちゃんねるを見る機会が増えた | トップページ | へー、この人にはこんな面もあるのか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/13702940

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネット経済新聞はこうして生まれた-広がる地域密着型メディア-」:

« 最近、2ちゃんねるを見る機会が増えた | トップページ | へー、この人にはこんな面もあるのか »