« 「個人情報検索エンジン」に驚いた | トップページ | 研究会、やります »

2005.05.14

政策空間vol.23、出ました

政策空間の最新号が出ました。今月はたくさん投稿をいただきました。ありがとうございます。久しぶりに個人的に「お勧め」な原稿を紹介してみようと思います。

「安心・安全」と予防原則という神話
西澤 真理子(ドイツ・シュトュットガルト大学社会学部環境社会学科研究員 社会学博士)

日米関係・次世代への挑戦
東海 由紀子(ジョージ・ワシントン大学客員研究員)

中国は民主化しても反日であり続ける
阿久津 博康(NPO法人岡崎研究所 主任研究員)

ここ数年、政治家や官僚の人たちが「安全・安心」という言葉をよく使うようになってきたという気がしていたのだが、西澤さんの原稿を読んで、これが東浩紀さんなどがいうところの「社会のセキュリティ化」「リスク社会化」と結びついていたんだ、ということに気がついた(なに今さら気づいてるんだ、と言われそうだけど)。

東海さんは、「「日米関係はこの150年で最高」と言わしめているのと裏腹に、両国の将来を担う人材を取り巻く環境は非常に厳しい」と指摘している。これはアメリカで知日派・親日派知識人の高齢化、つまり若手の日本離れが起きていることを指摘している。

阿久津さんは、タイトルの通り「中国は民主化しても反日であり続ける」ということを指摘している。反日デモは共産党政権の非民主的な統治の産物であって、いずれは中国も民主化するであろうから反日運動は中長期的に見れば消えていくものだろうと漠然と思っていたが、阿久津さんの原稿を読んで、そう簡単ではなくて構造的に根が深い長期的な問題なのかもしれないと思い始めた。

« 「個人情報検索エンジン」に驚いた | トップページ | 研究会、やります »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/4118246

この記事へのトラックバック一覧です: 政策空間vol.23、出ました:

» セキュリティ [セキュリティ技術・知識図鑑]
セキュリティコンピュータセキュリティとは、コンピュータを不正な利用や誤用から守るための仕組み。ここでいう不正な利用とは、第三者による秘密情報へのアクセスや許可されていない操作の実行などが含まれる。近年のインターネットの発展にともない、コンピュータセキ... [続きを読む]

» [Int'l Politics] [Policy]:中国の反日感情 [Freakociology]
以下、引用は政策空間ホームページより。 Source:[http://www.policyspace.com/archives/200505/post_355.php:title=中国は民主化しても反日であり続ける Akutsu, Hiroyasu ] 阿久津氏は、中国はこれからも──期待される程度の民主化が達成されたあとでも──反日的であり続けるという。当ブログ執筆者としては、これは特段目新しい見解だとは思わないが、ニューズレターの編集参加者の1人のブログではこの議論が「個人的に『お勧め』な原稿... [続きを読む]

« 「個人情報検索エンジン」に驚いた | トップページ | 研究会、やります »