« ised@glocomの中からブログを書いてみる | トップページ | 情報通信政策興味のある方へ »

2005.05.20

韓国ネット生活事情

朝鮮日報のウェブサイトを見ていて、韓国のネット世代ユーザーの日常がよくわかる記事を見つけたのでクリップ。

Na世代の縁はインターネットで結ばれる(朝鮮日報)
1月に韓国へ出張したとき、そこで出会った人たちは、オンライン趣味サークルがオフラインでの活動(オフ会)も活発に行っていることを紹介してくれた。実際にあるサークルのオフ会に参加させてもらったのだが、バックグラウンドの違う人たち同士が互いにハンドル名で呼び合ってとても盛り上がっていた。

日本で「祭り」と呼んでいるようなネット上の盛り上がりが実際の政治に影響を与えることも少なくない韓国では、オンラインでの生活とオフラインでの生活の距離が近い。ネットによる「新しい出会い」を求める傾向も、日本より韓国の方が強いといえるかもしれない。

ネチズンの73%「メッセンジャーなければ業務に支障」(朝鮮日報)
日本でのメッセンジャーの普及率はどのくらいだろうか。また、利用している人はどのくらいの友人をリストに登録しているだろうか。ちなみに僕自身は、MSNメッセンジャーを主に使っていて、41人の友人を登録している。そのうち日常的に連絡をとりあっているのは8人くらいだ。

« ised@glocomの中からブログを書いてみる | トップページ | 情報通信政策興味のある方へ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/4209507

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ネット生活事情:

« ised@glocomの中からブログを書いてみる | トップページ | 情報通信政策興味のある方へ »