« 今後のアメリカの情報通信政策 | トップページ | 新潟中越地震からの復興を願って »

2004.11.15

著作物は必ず最初から最後まで飛ばさずに楽しみましょう

朝日新聞の記事によると、日本民間放送連盟の日枝久会長が記者会見で、「DVD録画再生機を使ってCMや見たくない場面を飛ばして番組を録画・再生することは、著作権法に違反する可能性もある」と発言したそうです。

著作物は必ず最初から最後まで飛ばさずに楽しみましょう、、、ということか。

つまり音楽のクライマックスだけ聞いてはいけない、本を途中から読んではいけない、ということですか。へー、そりゃ知らなかった。じゃあ私は著作権法に違反した可能性があります。

詳しくは例えば、スラッシュドット ジャパン | 放送された番組のCMカットは著作権法違反と主張する人の反応などをご参照あれ。

« 今後のアメリカの情報通信政策 | トップページ | 新潟中越地震からの復興を願って »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

フジテレビの会長、つまり民放局のトップだから
スポンサーに配慮してこんな発言したんですかね。
余計なお世話だ!という気がします。

番組本編とCMの著作権が一緒にされるというのは、
どう考えてもおかしいでしょう。
番組のエンドロールにある「制作著作:○○テレビ」が
CMまで含むわけないと思うのですが。

ちなみに私もHDD&DVDレコーダーで録画しますが、
DVDにダビングするときはCMカットします。
だってCMは(番組本編とは)別の作品と考えるからです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/1966131

この記事へのトラックバック一覧です: 著作物は必ず最初から最後まで飛ばさずに楽しみましょう:

« 今後のアメリカの情報通信政策 | トップページ | 新潟中越地震からの復興を願って »