« 「自前主義がもたらす愉の世界」 | トップページ | さいたまレイナス初優勝! »

2004.10.31

市場化テスト

先日の「先端政策トピックスセミナー」のテーマは『市場化テスト』でした。

いろいろ書こうと思いながら数日が過ぎてしまい、しかし忘れるのはもったいないのでメモ的に書いておきます。

参考:市場化テスト: 大手町博士のゼミナール : @Money : Yomiuri On-Line (読売新聞)

これは、「官がやっている公共サービスについて官民で入札を行う」というもので、民間が落札すれば官はそのサービスを委託し一定期間は撤退するという制度になります。納税者の立場からすれば、どっちが勝ってもサービスのコストは下がり質が上がるはずなので、損はありません。この制度、イギリスでやっていたのは知っていましたが、日本でも話が進んでいたとは知りませんでした。

ところで実は、日本の制度は、他の国よりもちょっと過激、というかチャレンジングです。というのも、入札対象にするサービスは、英米などは官が決めるそうですが、日本の場合は民間の申請時にはタブーを設けておらず、あらゆる国の仕事の中から自由に選ぶことができます。もちろん、市場化に適さない事業もあるので、申請後には内閣が、市場化テストにかけていいかどうかの判断を下します。ですが、あらかじめ官が対象を指定するのか/しないのか、では大きな違いがあるでしょう。前者の場合、官が都合のいい(入札に勝つ自信のある)サービスしか対象に指定しない可能性がありますから。

もうひとつ、これはあまり知られていないようですが、この入札には「地方自治体」も参加できるそうです。つまりたとえば、○○県内で中央省庁が行っている事業について、自分たちでやったほうが効率的だ、と考える○○県庁が入札して、当該省庁に勝てば、直接その事業を行うことができるのです。

この「市場化テスト」は、さっきNHKスペシャルでやってた「構造改革特区」と同様、民間企業や地方自治体が国にさまざまな制度の見直しを促す、いい「道具」になると思います。

« 「自前主義がもたらす愉の世界」 | トップページ | さいたまレイナス初優勝! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/1823305

この記事へのトラックバック一覧です: 市場化テスト:

« 「自前主義がもたらす愉の世界」 | トップページ | さいたまレイナス初優勝! »