« スタバのカード | トップページ | 「これでいいんかい、国の委員会」 »

2004.09.25

プロ野球の騒動を見てて思ったこと

昨日は「近鉄」バファローズとしての大阪ドーム最終戦でずいぶん盛り上がったようだが、来期からの新球団は「オリックス・バファローズ」で本拠地は大阪ドームということになったらしい。

大阪のファンたちは、来期からもほぼ同じ選手たちが参加する同じ「バファローズ」の試合を大阪ドームで見られることになった。よかったですね。

でも逆に、がっかりしたのは地元球団と「ブルーウェーブ」という名前を失った神戸のファンだろう。「オリックス」という名前は残ったし、来期は神戸でも半分の試合をするらしいが、失ったものは大きい気がする。

この投稿を書くために、初めてオリックスのウェブサイトを見た。第一印象は「どこのチームなのか全くわからない」。オリックスのチームであることはわかっても、神戸のチームなんだ、という意識はまったく感じられなかった。オリックスといえば、阪神大震災の後、「がんばろう神戸」を合言葉に快進撃を続けてリーグ優勝したことを鮮明に覚えていて、あの時はスポーツで地域の人々を勇気付ける、という成功を収めたオリックスに敬意すら覚えたものだが、その後は地元密着、という姿勢でもないのだろうか。

あっさりと本拠地とチーム名を捨ててしまった(様に見える)、オリックスと宮内オーナーの姿勢に疑問を感じた。


※ところでこれは野次馬的な関心だが、ライブドアと楽天が話題を振りまく中、来期から「Yahoo!BBスタジアム」の使用頻度が半減してしまうYahoo!は何かしないんだろうか。

« スタバのカード | トップページ | 「これでいいんかい、国の委員会」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/1517128

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の騒動を見てて思ったこと:

« スタバのカード | トップページ | 「これでいいんかい、国の委員会」 »