« 浦和には長谷部がいる | トップページ | 『太陽の黙示録』にハマッています »

2004.08.29

UHF帯ICタグのリーダ/ライタから電波利用料徴収?

見逃してしまっていた大事なニュース→総務省が電波利用料の説明会,情報家電と無線ICタグが対象に(IT Pro)

UHF帯のRFIDは、来春から利用可能になるといわれているが、総務省はこのUHF帯RFID機器から電波利用料の徴収を検討している。

13.56MHz、2.4GHz、5.8GHz(ETC)など、他の目的と周波数帯を共用するものは徴収の対象から外れるが、総務省は「特定の用途で専用の帯域を使う場合には受益者に負担を求めるべき」という考え方をとっていて、UHF帯RFIDはこれに該当しそうである。

航空手荷物分野ではUHF帯の利用が検討されているので、このニュースは気にかかる。

この方針について、『「電波有効利用政策研究会」最終報告書(案)に関する意見の募集』としてパブリックコメント募集を先週までやっていた。

UHF帯がRFID『専用』に割り当てられるとはいえ、個々の機器は局所的・一時的に電波を使用するわけで、面的・恒常的に電波を占有する放送や携帯電話とは異なると思うんだが、どうだろうか。また、海外でRFID機器から電波利用料を徴収している例は聞いたことが無いし、よりによって今後最も使われるようになりそうなUHF帯でこういう制度ができてしまうとRFIDの普及促進には影響が出ると思う。

なお、この電波利用料は「周波数倍増計画」のために(炭田企画官)使うのだそうだ。

あれ?促進させたい産業の機器に促進のための研究コストを上乗せする、というのでは逆効果になる可能性がないか?

« 浦和には長谷部がいる | トップページ | 『太陽の黙示録』にハマッています »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この件について、米国政府がパブリックコメントをしていました。http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20040824-61.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/1309324

この記事へのトラックバック一覧です: UHF帯ICタグのリーダ/ライタから電波利用料徴収?:

« 浦和には長谷部がいる | トップページ | 『太陽の黙示録』にハマッています »