« FTA交渉と看護師 | トップページ | 今さらながら「はてな」デビュー »

2004.08.03

EAへの流れ

「官」から「民」へ、内容は実践的に : IT Pro ITレポート(動向/解説)
は、「ベンダー各社がEAの導入支援体制を急ピッチで整えている。関心の高まりを受けて、政府だけでなく、地方自治体や一般ユーザー企業も提供対象とするのが特徴だ。」と言っている。

しかし、最近、いくつかの自治体(都道府県レベル)の情報システム担当者とお会いしてEAについて話したところでは、EAについて関心を持っている人はほとんどいなかった。関心を持っていても、様子見であったりやや批判的に受け止めている人が多かった。情報システム調達・構築改革の方向性はEAだけではなく、いろいろある。

今のところは、「関心の高まりを受けて」ベンダ各社が体制を整えているのではなく、ベンダ各社が「関心を高めようとして」体制を整えているというのが正しいのだろう。

数少ない個人的経験に基づいて判断してはいけないのかもしれないが、この記事は「煽り」の要素が強いのではないかと思った。

« FTA交渉と看護師 | トップページ | 今さらながら「はてな」デビュー »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/1110294

この記事へのトラックバック一覧です: EAへの流れ:

« FTA交渉と看護師 | トップページ | 今さらながら「はてな」デビュー »