« インキュベーションのための「ネットワーキング」とか「クラスター」について | トップページ | 手ぶら旅行で荷物紛失は減るか »

2004.03.03

手ぶら旅行実験

次世代空港システム技術研究組合(ASTREC)の試行運用が始まった。

ASTRECというのは、

次世代空港システム技術研究組合(ASTREC)は、e-タグ(RFID)を応用した陸空一貫した輸送システムを実現することによって利便性と安全性を両立させた空港システムの確立を目指し、新東京国際空港公団をはじめ、航空会社、宅配会社、RFID技術関連会社、システムベンダーなどが共同して研究活動を行っています。

という組織で、僕もほんのほんの少しだけ関わっている。

この試行運用では、RFIDを利用した送付状・タグを使うことで、航空手荷物における宅配会社と航空会社の連携を実現する。利用者は宅配屋さんに預けたら目的地の空港まで「手ぶら」になり、、というメリットがある。途中で、搬送状況をケータイやPCから確認することもできる。

« インキュベーションのための「ネットワーキング」とか「クラスター」について | トップページ | 手ぶら旅行で荷物紛失は減るか »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

「手ぶら旅行」のサービス、今後少子高齢化を向かえる中、お年寄りや小さい子供ずれの方にとっては大変便利なものとなりそうですね。この取り組みが世界的にも普及してグローバルな手荷物紛失対策になれば大変有意義な調査研究だと思います。

関西国際空港でもRFIDを使用した航空手荷物管理システムの実証実験が始まったようですね。香港空港との共同実験とか。
実験の詳細はこちら→http://www.astrec.jp/jikkengaiyou.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/969826

この記事へのトラックバック一覧です: 手ぶら旅行実験:

« インキュベーションのための「ネットワーキング」とか「クラスター」について | トップページ | 手ぶら旅行で荷物紛失は減るか »