« e-democracy の現在―政治・選挙・政策形成と市民の関与 | トップページ | 世界一長いメルマガ? »

2004.01.14

政策メッセの感想

機関会員会議に参加したが、大御所の先生方ばかりでとても恐れ多く、何も発言できなかった。参加しながら、いま裏方で支えている僕と同年代の若手研究者や、GEILEXEISFJの学生など、ポリシーネットを支えている若手の人たちと、ポリシーネットや政策コミュニティの将来について話す会をやってみたい、と思った。

機関会員会議の後は、そのままワークショップのパネリストになってった。そんな予定がなく何も考えてこなかったので、全くのアドリブで持論について話した。持論というのは、「「総合政策」って何?「成果出てるの?」という疑問に対して抽象的に答えるのではなく、卒業後の実態についてもっと調べ、具体的に答えていこう」ことだ。『政策学入門2』が出るのならそういうページを作って欲しいと思っている。また、中央大学総合政策学部の卒業生有志でそういう調査をしているところで、今年度中にはある程度の成果が出せる予定だ。

« e-democracy の現在―政治・選挙・政策形成と市民の関与 | トップページ | 世界一長いメルマガ? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42540/962924

この記事へのトラックバック一覧です: 政策メッセの感想:

« e-democracy の現在―政治・選挙・政策形成と市民の関与 | トップページ | 世界一長いメルマガ? »