コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://researchmap.jp/mshouji/

自己紹介文

庄司昌彦です。

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)という社会科学系の研究所の准教授・主任研究員です。一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事などもしています。


■掲載用プロフィール■
------------------
庄司昌彦(しょうじまさひこ)
国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主任研究員。1976年、東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科修士課程修了。おもな研究領域は情報社会学、電子行政、地域情報化、ネットコミュニティ、社会イノベーションなど。2006年から地域SNS研究会を主宰。

2003年~2008年、オンライン政策誌『政策空間』副編集長。実践女子大学、中央大学、東海大学、大妻女子大学などで非常勤講師を務め、現在は学習院大学・横浜市立大学で非常勤講師を務めている。2009~2010年、国立民族学博物館共同研究員。過去に内閣官房IT戦略本部 電子行政に関するタスクフォース構成員、経済産業省IT融合フォーラム公共データWG委員、総務省行政イノベーション研究会構成員等を務め、現在は総務省行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会構成員。

一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事、総務省地域情報化アドバイザーも務めている。

主な著書(共著)は『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(2007年、アスキー)。その他の著書(共著)として『智場:オープンデータ特集(庄司昌彦責任編集)』(2014年、国際大学GLOCOM)、『未来を創る情報通信政策』(2010年、NTT出版)、『クリエイティブ・シティ 新コンテンツ産業の創出』(2007年、NTT出版)、『情報アクセシビリティ やさしい情報社会へ向けて』(2005年、NTT出版)、『コミュニティ eデモクラシーシリーズ第3巻』(2005年、日本経済評論社)など。『行政&情報システム』誌で「行政情報化新時代」を連載中。

Twitter: @mshouji
------------------

ブログ:http://mshouji2.cocolog-nifty.com/makolog/

地域SNS研究会:http://www.local-socio.net

ReaD研究者情報:http://read.jst.go.jp/public/cs_ksh_007EventAction.do?action4=event&lang_act4=J&judge_act4=2&knkysh_name_code=6000009058

興味のあること

浦和レッズを応援し、ケチャップアートを描く。